故障したLumia800の顛末

4/2に壊れたLumia800の顛末です。

今までの流れは

  1. 朝、Lumia800が壊れる(音楽聞いてる途中に急にブツッときれてそれっきり)
  2. 電源の長押しやらauの充電器を使用して充電を試みるもかわらず
  3. 帰宅後にPCで認識できるかを確認したところ、認識はするもののWindows Phoneとしての認識はしていない→画面だけが壊れている、という可能性は消える
  4. Nokia UKへ問い合わせ開始(4/2夜)
  5. Nokia UKから回答がくる(4/3朝)
    「イギリスにいる友人か親戚に送ってそこからNokiaに送ってくれ」
  6. 回答のきた宛先へ(4/3朝)
    「日本から送ってもいい?」
    といい内容のメールを送付
  7.  さらに回答が来る(4/3夕方)
    「仮に送る場合は日本ーイギリス間の送料はそっち持ちになる。もっとも国際便対応してないけど。日本のNokiaに問い合わせてくれ」
  8. 日本のNokiaへ問い合わせる前にLumiaをいじってたら電源が入るようになった
    正確にはPCに接続してみたら画面に電池不足の表示が出てきた
  9. Docomo F-07C用の充電器にて充電を試みるも充電されず
  10. Hybrid Zero3用充電器に接続したところ、充電されるようになる
    その後に起動も確認

原因がいったいなんだったのか分かりません。

電源が足りていない可能性はありますが、しかし壊れる一時間前までは充電をしており、充電器から外した段階では残容量がMaxだったことを考えるとこれも違うような気が。

 

今のところは問題なく動いているのでよしとしておきます。

あと今回故障した際に一時的な変わりの機体としてAndroid機(Optimus LTE)を使ったのですが、カクついて使いづらかった・・・・。

今度からLumia710も持ち歩いておくようにして壊れたときにも対処できるようにしようと考えるようになりましたね。

コメントを残す