結局、返金へ

先月、セカイモンでHTC HD2を$199(送料を含むと$239)落札したのですが最終的には返金処理になりました。

返金処理が確定するまでにおおよそ1ヶ月、返金自体はそこからさらに10日後となるそうです。

発送遅延の上、商品が届かないということでの処置とのこと。

この間に自分がやったのは一切なし。

商品が届かない場合の強制処置申し立てもすべてセカイモン側が行ってくれました。

セカイモンの評判が悪いのは知ってはいたのでこのような事態が起きたらどんな対応されるのだろうか・・・・、と思っていましたが全く問題のない対応でした。

悪い評判の大半は2009年とか2010年の日付でしたのでおそらくサービス開始当初なのでしょう。

今は改善されたのかな?と思えます。

まあ、問題がなかった訳ではありません。

セカイモンは通常10日、20日、30日と現在の商品情報(セカイモンのアメリカ側受け取り場所へ届いているか)がメールできます。

それが10日経過時にくるものが20日経過時にくるものと一緒に届きました。(システム的に問題でもあるんじゃないのか、と疑いたくなる)

あと商品が送られてくる日数が日本人の感覚では信じられない感じではあります。

でもそれはアメリカやイギリスという異文化であることを考えると仕方がありませんね。

 

日本では売っていない商品を購入できるということは非常に便利でして、特に私みたいなsim freeの海外携帯を購入したいと考えるものには助かるサービスです。

英語使わないで買える+問題が起こっても対処してくれる(手数料の50%がかかりますが保険料と考えれば安い)のでこれからも使い続けるんだろうなぁ。

コメントを残す