クリーク奮闘記 第一次クリーク・フランス戦争

第一次クリーク・フランス戦争

ついにフランスが隣接州に植民地を作り出した。

このまま放置していては追い出すことはかなわなくなるだろう。

そう感じた時の大長老ウィリアム一世マッキントッシュはフランスとの戦争を決意した。

1500年8月21日、フランスに宣戦布告をした。

強襲されたフランス軍はなすすべもなく撤退に撤退を重ね、隣接していた植民地をすべて制圧された。

そしてフランス同盟国に対しては痛み分けで和平を行った。

そのままフランスとは膠着状態になってしまった。 しかし、ここで明るい知らせが入ってきた。

我が版図に入ってから50年が経ち、チェロキー部族が恭順してきたのだ。

さて、対フランス戦線に戻る。

対フランス戦線では偽造工作が行われていた。

1508年にウィリアム一世マッキントッシュが死去し、ウィリアム二世マッキントッシュが即位した。

彼は一世のやらなかったこと、つまり植民地を制圧し、すべてクリーク領へと編入させることを実行した。

こうして制圧したフランス植民地領はすべて制圧し、痛み分けという表面上は何もなかったかのような実を伴った和平が行われた。

そしてこれにより新たにフランス中央部系民衆がクリークの文化へと加わった。

こうして第一次クリーク・フランス戦争は終結した。

Previous NEXT

クリーク奮闘記 第一次クリーク・フランス戦争」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: クリーク奮闘記 長き平穏 | 遊軍的家

  2. ピンバック: クリーク奮闘記 ポルトガルの登場 | 遊軍的家

コメントを残す