新PCの組み立て[サブ機・仮想基盤]

数か月ぶり?に新PCの構築しました。

前回構築したのは2月ごろに構築したTR2920を使用したやつ

今回はこの時にあぶれた1600Xを利用しての構築です。

今回の目的は仮想基盤を構築すること。

とはいえおおきいのは邪魔というのがあるのでmini-ITXでの構築です。

まずはケース。

Thermaltakeのcore V1。

決め手はマザボを横置きできること。

これに慣れると縦置きには戻れんですわ。。。

次にマザボ。

AsrockのFatal1ty B450 Gaming-ITX/ac。

手ごろな価格のがこれぐらいしかなかったという理由ですがね。

メモリは8GBx2。

ディスクはあまりものの120GBのSSDと2TBのHDD。

あとはGPU。

1600XにはGPU出力機能はないためです。

が、グラボは何でもいい、という観点から最安で4100円ぐらいで買えた玄人志向のGeforce GT710にしました。

CPUクーラはもともとあったものをと思ったのですが・・・。

こんなことに。

入りきらねぇ・・・・。

仕方がないのでAMDの初期CPUFANへ変更。

Tsukumo ex.館のジャンクコーナーで1700についてるやつ買ってきたので多分大丈夫!

ダメそうなら買い換えます。

これで無事完成です。

OSはESXi 7.0無償版。

さて、仮想上にWindowsとかRedstarとか構築するぜ!

コメントを残す