ミューがなくなりました

飼っている猫が亡くなりました。

本日(2013/11/26 15:00頃)、享年18歳でした。

とっても長生きしました。

我が家に始めてきたときはまだ自分も小学生の中学年のころ。

今住んでいる家の前の家の時です。

その時はペット禁止のマンションに住んでいたわけでして、その一年後ぐらいには今住んでいる一戸建てへ引っ越しました。

ミューは勝手にお姉さんを気取っている面があり、またすごいいたずらっ子でした。

ただし、母親の前では猫を被ったりしていて、母親が見ていないところでは鼻をかまれたりとか散々されたものです。

それでも10歳を越したあたりから寝てる時間のほうが多くなり、何年か前には本当に死んじゃうのではないか、なんて心配した時期もありました。

それでも18歳まで生きてくれました。

一昨日まではすごく元気でしたが、昨日急に立てなくなり、日をまたいだ今日、亡くなりました。

昨日は代休で家にいたにもかかわらず自分はミューがそんな状況になっていたとも気づかず、疲れて寝ていました。

その時に「みゃぁ~」と声が聞こえてもしかしたら「助けて!」って声だったのかもしれません。

何故その時にミューのもとへ言ってやれなかったのかすごく後悔しています。

もしかしたらもう少し長生きできたのではないかという自責の念にも駆られます。

それでも最後は母親に看取られて撫でられながら安らかに眠っていったそうです。

多少苦しんだであろうとも思いますが、それでも死ぬ間際の母が撮った写真にのミューの顔は本当に穏やかで幸せそうでした。

18年間という時間は自分にとっては今までの人生の半分以上の時間です。

本当に大切な家族でした。

まだ気持ちの整理がし切れていませんが、それでも安らかに眠っていってほしいです。

そして生まれ変わってもどんな形でもいいのでうちの家族として来てほしいです。

 

ミュー、18年間お疲れ様でした。

本当にありがとう!!

亡くなる1日前のミュー

亡くなる1日前のミュー

 

2013年8月中旬の頃

2013年8月中旬の頃のミュー

 

コメントを残す