Y!mobile シェアプランSIM発行

SoftbankのMVNOという認識でSIM増ししてきました。

WP_20150220_14_25_00_Pro

nanoSIM×1 micoSIMx2にしてきました。

WP_20150220_14_25_45_Pro

もともとWillcomでHybrid W-ZERO3を使用していたのをDignoTに切り替えたからできたのですが・・・。

切り替えて気づいたことをば。

  1. SIM発行手数料は別途かかる
    1枚につき3240円(税込)。ただし、「親回線契約時に同時に行えば無料」とのこと
  2. 直近3日で839万パケット(約1GB)を超えると当日6時から翌日6時まで通信制限有
  3. 親回線を解約すると自動的に解約される
  4. SIMの変更(例:nanoSIM->microSIMへの変更)を行う場合には「既存SIMの解約->新しいSIMの契約」という形になるらしい

ってことぐらいですかね。

後WindowsPhoneだとうまく通信できない。

通信できない、って言い方だと語弊があるかもです。

一度で来たんですがその後にできなくなったって感じです。

とりあえずは原因究明中です。

どうしたもんですかね。

コメントを残す