[2015/4/16] DTI ServersManVPSでCentOSを使う場合の注意点

DTI ServersManVPSで発覚した障害?的なものを書いておきます。

<問題内容>
CentOSにおいてyum updateを実施した後に再起動をすると接続ができなくなる

<原因>
initscriptsと仮想化プラットフォームの相性問題

 

現状わかっている限りだと「initscripts-9.49.17-1.el7_0.1.x86_64(ServersManVPSのCentOS7初期時)」だと問題なく、「initscripts-9.49.24-1.el7.x86_64」になると発生。

おそらくですがCentOS7に限った問題ではないと思われます(CentOS6でも発生したので)

あと、WebKeepersでも同様の問題起こる可能性ありです。
(CentOS6で運用してた時に同様の事態発生、ただしCentOS7(9.03.46-1.el6.centos.1)では発生せず)

ユーザ側でできる対処方法は初期化orサポートに問い合わせて該当パッケージを戻してもらうぐらいしかないようなのでinitscriptsのupdateはやらない方がよさそうです。

コメントを残す